【OCEANSコラボ3】OCEANS×Betapla Premium クリップオンボストン 14-5009 | メガネスーパー公式通販サイト

meganeSUPERメガネスーパー
【OCEANSコラボ3】OCEANS×Betapla Premium クリップオンボストン 14-5009

軽量
  • 商品コード : 14-5009
  • WEB通販価格
    27,000円(税抜)
  • 29,160円(税込)
  • 取扱店舗を探す

メガネのお手入れならコレ

オリジナルサプリ

見る力を内側からサポート!
在庫は他店舗と共有しておりますため、ご注文後に在庫切れになることがございます。ご了承ください
  • ご注文方法
  • 店舗検索
大好評
OCEANS別注メガネ
第3弾
数量限定

仕事も遊びも自在に楽しむ大人たちへ
クリップオンという初体験

OCEANS×Betapla Premium
■軽量性:歴代最軽量の8g台を実現!クリップ部分も軽量性追求
■耐久性:柔軟性はもとより、壊れない、色落ちしない素材使用
■機能レンズ:クリップオンには眩しさをおさえる偏光レンズを搭載
■デザイン性:男のツボを押さえた、定番と最旬の2つの玉型で展開

クリップオンのサングラス+オリジナルケース付き

ハードケースに加え、クリップ携帯用ケースも付属。
質感のいいシンセティックレザー製。


■メガネフレーム:
ウルテム(ベータプラスチック)
■クリップサングラス
レンズ:プラスティック偏光サングラス
可視光線透過率:12%
紫外線透過率:1.0%以下
フレーム:ニッケル銅合金(鍍金)

クリップオンの取り扱い方法
[取り付け方]
  1. メガネフレームにクリップを重ねる。
  2. クリップに設けられた4つのツ、まず左右どちらかの上下2つのつめをフレームに引っ掛ける。
  3. 逆側上部のツメを引っ掛ける。
  4. ブリッジ部分を指先で下方向に押しながら、最後のツメを引っ掛けて終了。

[取り外し方]
ブリッジ部分を指先で斜め下方向に押しながら、どちらか片側下部のつめを外す。
あとはカンタンに取り外せる。
レンズ高(mm ) : 44
レンズ幅(mm) : 50
鼻幅(mm) : 19
横幅(mm) : 119
横幅(全幅)(mm) : 134
テンプル(mm) : 145
セット内容 : メガネフレーム、クリップオンサングラス、クリップ携帯用ケース、オリジナルハードケース
メガネのサイズ
oc_0603_top

メガネ+サングラス=「クリップオン」
メガネもサングラスも必需品。とはいえ2本携行するのは荷物になり、高価なレンズを別々に買い揃えるのも……。そんな悩ましい問題を解決するのが、メガネフレームに"クリップ"と呼ばれるサングラスパーツを装着(=オン)することで、両方の役割を果たす「クリップオン」。

OCEANSコラボ注目ポイント

デザイン/定番と最旬の2型

oc_deghin

雑誌OCEANSより「掛け手を選ばない定番のウェリントン」と「最旬のボストン」、2型の別注を受けコラボ製作。天地幅が広く顔馴染みの良いサイズ感、細身のライン使いにもこだわりどちらも別注史上最高の仕上がりに。

機能レンズ/目に優しい本格機能付き

oc_lens

サングラスは路面や水面の乱反射を防ぐ偏光レンズを採用。単なる色付きレンズとは段違いの、雑みのない視界は目の疲れも防ぎます。レンズカラーはシャープなウェリントン(写真上)にはスモーキー、クラシカルなボストンにはブラウンを選択。

耐久性/壊れない、色落ちしない

oc_t

超弾性プラスチック素材ゆえの、驚きの屈曲性につき、少々手荒に扱っても壊れません。さらに色付けは練り込み塗装を採用。擦れや汗による色落ちにも強く、艶ある美しい色味を持続させる塗装方法です。

軽量性/歴代最高を記録する軽さ

oc_k

別注を重ねるごとに軽量化を追求し、ついに8.5gをマーク!素材の軽さに加え、要所で厚みを変えたテンプル(つる部分)で顔を包むようなホールド感を実現。サングラス装用時もウェリントンで17.8g、ボストンで19.7gと軽さを実感できます。

クリップオンのトリセツ

[取り外し方]

oc_0

ブリッジ部分を指先で斜め下方向へ押しながら、どちらか片側下部のツメを外します。あとは簡単に取り外せます。

[取り付け方]
※各画像をクリックすると拡大表示いたします

oc_1

oc_02

1.メガネフレームにクリップを重ねる。 2.クリップに設けられた4つのツメのうち、まずは左右どちらかの2つのツメ(写真では左上・左下)をフレームに引っ掛ける。

oc_3

oc_4

3.そして、逆側上部のツメ(写真では右上)を引っ掛ける。 4.ブリッジ部分を指先で右方向へ押しながら、最後のツメ(写真では右下)を引っ掛けて終了。

「OCEANS 2015年7月号」より

メガネのお手入れならコレ