補聴器・電池 | メガネスーパー公式通販サイト

補聴器・電池

補聴器と集音器との違い

補聴器と集音器はどこが違うのかご存知でしょうか?補聴器と集音器は違うものです。補聴器と集音器の違いをご紹介いたします。それぞれの違いを知って、より良い商品を選びたいですね。

補聴器は医療機器

補聴器は医療機器です。集音器は医療機器ではありません。
「補聴器」は、薬事法において管理医療機器(クラスU)に分類されています。厚生労働省が定めた一定の基準をクリアし、医療機器と認可された商品だけが「補聴器」とよばれます。一定の効果や安全面をクリアしているため安心してお使いいただけます。
「補聴器」は各製品それぞれ正式な認定を受けない限り、製造・販売ができません。それに対して「集音器」は、誰がどこで売っても問題がない商品なのでどこでも気軽に手に入れることができます。

補聴器と集音器、どちらがいいか迷ったときは

補聴器と集音器の違いを理解して購入するべき理由があります。 大切な耳の健康のために「補聴器と集音器はほぼ同じものだ」と誤解して判断する事は避けましょう。どんな問題があるか知っておけば正しい判断の材料になります。

大切な耳の健康を守るために

補聴器は聞こえにくくなってきた人や難聴の人、ひとりひとりが使用することを前提に開発や販売がされています。うるさい所で言葉を聞き取りやすくしたり、大きな音を抑えたりなど安全に使用するための機能が搭載されています。
しかし集音器は、聞こえにくくなってきた人や難聴の人、ひとりひとりが使用すること前提に開発されているものではありません。集音器を使って、いきなり大きな音を聞いてしまい、耳を傷めてしまう可能性はゼロではありません。

聞こえを改善できないからと諦めてしまうのはもったいない

補聴器と集音器を同じものだと捉えてしまうと、集音器を使っても効果が得られなかった時に「補聴器も合わないだろう」と補聴器を使うことをためらってしまう場合があります。補聴器を正しく使っていれば聞こえを改善できたはずのに、その機会を失ってしまうのはもったいないことです。聞こえが改善されるだけで楽めるようになることがたくさんあります。
集音器は補聴器よりも、販売店が多く低価格です。 使う目的によっては、集音器が合っている場合もあります。 ただし、大切なのは両者の違いを理解した上で購入・使用することです。
補聴器は、難聴者を対象に、ひとりひとりの聞こえに合わせて調整できる医療機器。対して集音器は音を増幅する機器。これらの違いを把握した上でお選びください。